ふと、旅に出た

ブログの内容は、空の写真だったり稀に旅行記です。

夏祭り・花火大会の思い出

f:id:uhouhomaru:20190824191602j:plain

縁日(pakutasoから)

 

ドンッ!!

 

 という音が突如、響いた。
何事かと辺りを見回すと空が光っている。

 

あぁ、今日は花火大会。お祭りだったか...
浴衣姿の色っぽい女の子が多かったわけだ。


夏祭り。花火大会。どれも自分には縁がありません。
最後に行ったのは小学6年生の頃で家族と一緒だった気がします。それ以降は誰とも行ってませんね。

誰とも行っていない

なんとも辛い言葉です。書いてて悲しくなりますね。20歳か21歳の頃、今住んでいる町の夏祭りに足を運んでみたんです。たまたま、仕事が休みだったので。

でも、夏祭りに行ったのはいいんですが。。。
屋台は高いからお金使いたくないし、カップルばっかで居ても気分が滅入るだけなので、何をやったかと言うと献血をやりました。

献血をやって結局そのあとは何もせず帰宅した思い出があります。

 

5年後。
そういえば、風景の写真はたまに撮っていたけれど、花火の写真撮ったことなかったな!と思って昨年、花火だけを撮りに行った思い出があります。

わざわざ人ごみの中、三脚を持ってセットして写真を撮りました。
安物のミラーレス一眼ではありますが、自分の中では良い写真が撮れたと満足しました。。。

が、

周りはカップル、ファミリーだらけ。
自分のように写真を撮っている人はあまりいませんでした。もっといい場所があるんでしょうか。

写真を撮り終えると、急に居づらくなってきた思い出があります。大したカメラでもないし、この人ぼっちだって思われてそうで(自意識過剰なのはわかっていますが)どうしても気になって、きつかった。

今も花火の音が聞こえています。

鳴りやまない。。。

フリー素材の女の子と縁日を歩きたい人生だった・・・<完>