ふと、旅に出た

ブログの内容は、空の写真だったり稀に旅行記です。

【下らない話】寝ていたら腹が痛くてトイレに走る【汚い話】

夜勤明けで寝ていたら腹が痛くて起きてしまいました。

起きた瞬間、あ、これは下痢や!と思ってすぐにトイレへ直行。漏らさずに済みました。

長時間の仕事を終えてお昼の12時頃に寝たらこれです。17時頃に起床して現在18時。ようやく治まりました。まだお腹に違和感がありますけれど...

愚痴らずには居られないと思って、記事している次第であります。

僕はよく、お腹を壊します。たぶん、人の2倍はトイレに走ってるんじゃないかなぁと思うわけです。体調を崩すとすぐお腹にくるし、緊張するとお腹痛くなるし。肛門を酷使し過ぎていると感じています。

トイレに籠っている間、第一波が襲ってきます。その後、落ち着いてきて、大丈夫かな?と拭こうかと思ったら、第二波が襲ってきます。それの繰り返しです。

本当にやばいときはお腹が痛すぎて涙が出てきますね。想像しただけでなんかもう、、、

お腹が痛くなってきます。

そういうときは、みんながやることだと思うんですけど、神様にお願いしますね。

神社で参拝するときとは比べ物にならないくらい、祈りを捧げますね。

 

神様、許してください。
人に優しく接しますから。一日一善を心がけますから。困っている人がいたら助けますから。悪いことはしませんから。仕事、まじめにやりますから。

 

なーんてことを、神様頼みしてるんですよ。こんだけお願いしてるんだから早くお腹の痛みを治して!!って。本当につらいのです。

困ったときの神様頼み。僕は下痢ピーのときしか使いませんね。

まったく効力は発揮しませんけど、いつもしてしまいます。

他にも、何か気を紛らわせようとして、痛みをごまかそうとして何かを考えるわけです。でも、僕の場合はお腹の痛みにまつわるエピソードしか、思い浮かばないわけですよ。

例えば、いつも常備にしていた正露丸を自分のカバンの中にぶちまけてしまった事とか、中学時代の合唱コンクールで学年全体で歌う曲があるのですが、練習中、腹が痛くて檀上から降りてトイレに直行したこととか。中学時代によくトイレに行っていたので、下痢男と言われるようになったこととか。

 

もうとにかく、

お腹の痛みにまつわる出来事が不意に呼び起こされるんですよ。忘れていたことなのにね。

で、これが悪循環なんです。お腹の痛みにまつわることを思い出すから、余計にお腹の痛みを考えちゃって、トイレに居る時間が延びてしまいます。。。

 

対処方法はいったいどうすればいいんでしょうか。

あんまり薬には頼りたくありませんからね...高校の頃は毎日正露丸を飲むことで精神安定剤のような感じになっていましたし...

何も食べなければ、こんなに下痢ピーになることはないんでしょうが、それはできません。食べることは生きること。命です。食べることが好きなのでそんなことはできません。

けど、自分の体質に合ったものを食べるべきなんでしょうね。

 

難しいなぁ。これは。。。

誰か助けてほしい。切実に。。。

 

以上、お腹の痛みに関する愚痴だけで1000文字書いてしまいました。終わり。