絵空事たいむ

ブログの内容は、空の写真だったり稀に旅行記です。

名探偵コナン 紺青の拳をようやく見に行きました。

先月の4月12日に上映されてから、今日になってようやく見に行きました。

上映されてから日時が経過して見に行くには理由があります。

 

それは、

人がいないから。

 

f:id:uhouhomaru:20190509175201j:plain

ガラガラ

これに限りますね。
今回はお昼の14時に上映されたものを見ました。

僕以外に、カップル2組。一番嫌なパターンやんけ。

といっても、視界には入らない場所だったので問題はありませんでしたが。というか、これだけ人がいなかったら、購入した座席とは別の場所に座っても問題ないよな...

 

さて感想。

昨年はDVDでゼロの執行人を見て、来年の予告を見たときに、また怪盗キッドかよ!って思ったんですが、今回は怪盗キッドと京極さん(&鈴木園子)のお二人がメインでしたね。

見始めてから最初に思ったことは、今回は何回くらい爆発が起きるんだ!?ってことです。

そしたら、冒頭で殺人が起こって爆発シーンがありましたね。ちょっと笑ってしまった。

シーンは切り替わって、博士の家。
少年探偵団のメンバーがいなかったので、今回はもしかして出ないのかと思ってました。理由は、いきなり博士のしょうもないクイズが始まったからです。

コナンと灰原にクイズ出しても一瞬で終わるやろって思ったら本当に一瞬で終わった。

シンガポールに連れ込まれてからのコナン、なんでこんな色黒になっとんねん。コナンが蘭に、名前を聞かれるシーンは懐かしくて良かったなぁ。

怪盗キッドと京極さんが戦うシーンは期待してましたが、やっぱり面白いですね。一応、推理漫画なのに、全然違うバトル物になってるのが笑えて笑えて。

あと、怪盗キッドもそれなりに強くない?って思いました。京極さんの攻撃を避けていたし。盗みに失敗して逃げるときも、壁走りとか凄かったぞ...

そういえば、
コナンの映画で海外って初めてですね。全部日本だったのに。TVアニメというか、本編はロンドンなりアメリカなり行ってるから、新鮮味はなかったですね。

来年は名古屋だそうで。急にスケール狭くなったな。。。

 

シンガポール、一度は行ってみたい国です。
爆発されるのは御免ですが。。。

 

以上、終わり!