ふと、旅に出た

ブログの内容は、空の写真だったり稀に旅行記です。

ふと、旅に出た【青春18切符でお城めぐり3】

www.esoragoto-time.net

前回の続きです。

6.浜松城

30分かけて浜松駅に到着。
昨年の12月(2013年の12月)に訪れた以来だ。浜松駅周辺はあんまり楽しくなかった思い出があります。ただ、さわやかハンバーグは美味しかった。

駅の北口に移動。
出世大名家康くんが待ち受けている。

f:id:uhouhomaru:20190417144034j:plain

家康くん

バスターミナルへ移動する。浜松城行きのバス乗り場は1番か13番乗り場だと言うことは事前に調べた。市役所前で降りればいいことも分かっている。webページに書いてあったから!

けれど、バスはあまり乗らないので勝手が分からない。だって、事前に切符買っとくところがあったり、バスに乗り込んでから買ったりするパターンがあるから不安なんだよこっちは!

案内所へ移動して乗り場を聞く。調べた通りだった。切符はバスの中。そうでっか。

30秒も案内所にいなかったと思う。場所を聞いて礼を言い、すぐバス乗り場へ移動した。(どっちの乗り場かは覚えてない)少々待ってバスがやってきた。乗車する人はさほど多くなかった。一番後ろのロング席を陣取る。ハッハッハ。

市役所前まではすぐに着いた。10分もかからなかったと思う。税金で出来た大きな大きな建物が見えてきた。ここら辺にあるのかな、と周囲を見渡すとありました。緑生い茂る頂きにひょっこりと顔を出している浜松城


ん・・・?


お城へ向かう途中の石階段に赤いコーンとフェンスが設置されていた。

f:id:uhouhomaru:20190417144053j:plain

なんとなく、嫌な予感がしたが気にせず緩やかな坂と階段を登っていく。

頂上へ登っている最中にあった立て看板。記載されている内容は、石を引き抜くことは絶対にしないでください。

f:id:uhouhomaru:20190417144038j:plain

どうやって石を引き抜くんだろう。ショベルカーか?石垣を取れるような機械があるのか・・・?

20代前半の僕は、息を荒くしながらなんとか到着!嫌な予感は的中!お城の側面にはジョイントで組まれた鉄パイプが設置されていた。景観台無しだってばよ...

f:id:uhouhomaru:20190417144043j:plain

正面の石垣には木の立て看板と工事中の安全第一の立て看板が...

木の立て看板には1ヶ月くらい工事しますよって書かれていた。タイミング悪すぎだろ...

何枚かお城の写真を撮る。工事に関係するものが映らないように...

お城へ入場。お城の中に受付があった。バレなきゃそのまま進めるんじゃないのかコレ。いやいや、そんなことは絶対にしないのだけれど。
入場券を購入。200円也。

f:id:uhouhomaru:20190417144049j:plain

城内を見学。武具や家具、歴史的資料などが展示されている。かなり狭い。

あ~涼しいなぁと思ったら、大きな扇風機が設置されていた。汗かいてたからしばらく風に当たってた。

2階はジオラマがありました。どこのお城にもありますね。ほんと、作るの大変そうや。

3階は展望台。
なんということでしょう...

工事中で3階の周りを歩けない。なんて運が悪いんだ…。どっと疲れが押し寄せてきた。もういいや、お城出よう。

1階まで降りてお土産を見ていた。浜松城の絵が彫ってあるマグネットを購入。そしてすぐ退散。旅先でマグネットを集めるのが好きです。

その後は、浜松城の外周をゆっくりと歩いた。ちなみに浜松城の石垣には、ハートの石があるらしいのだけれど、見つけることが出来なかった。つまり、そういうことなんだろうな...

浜松駅まで戻ってきた。これからどうしようか、さわやかハンバーグでも食べに行こうか。いやでもそうすると、お城を見に行く時間がなくなるしな...

噴水のある広場で小休止。大垣までの時刻を調べる。今から出ると到着は15時半になる。これはもう飯を食う暇はなさそうだ。さわやかはまた今度にしよう。

大垣までの行き方は、浜松から豊橋まで向かい、豊橋から大垣まで快速で向かう。合計2時間。頑張ろう。てかねみぃ。席に座れたら寝よう...

駅員がいる改札を通って豊橋行きの乗り場へ移動する。普通列車はもう既に来ていた。ラッキー席に座れる。

ふぅ、と一息つき、噛んでいたガムを包んで持ってきたゴミ袋に入れる。時間を確認して、何もすることがなくぼーっとしていたら瞼が重くなって、そのままそのまま...

ここは現実なのか夢なのか、身体がゆらゆらと動いている。一定のリズムの揺れは心地よかった。
ふっと気づいた瞬間、電車は止まっていた。あれれ、まだ浜松駅・・・?後ろを振り返って窓の外を見る。あれ、ここちょっと違うぞ?もしかして?

そう思った僕はすぐに電車から降りて、発車標に目を凝らすと、そこには浜松行きと書かれた案内が映し出されていた。

いつの間にか着いていたのか...起きてよかったと安堵のため息をもらした。
次は大垣行きの電車に乗る。ようやく快速。早い!

こちらも席に座れることができた。さらに、疲れているせいか(おそらく起きた時間のせい)またすぐ寝入ってしまった。

今度は大垣駅に着く前に起きることができた。1時間ちょっと寝たからかなりスッキリした。
大垣駅まであと10分程度かかるので、水まんじゅうについて調べてみることにした。そういう商品があることだけは知っているだけで他は何も知らない。

するとどうだろう、金蝶園総本家さんのサイトで水まんじゅうについて見てみると、販売期間が4月下旬~8月末までらしい...

嘘・・・だろ・・・?

続く。

www.esoragoto-time.net