ふと、旅に出た

ブログの内容は、空の写真だったり稀に旅行記です。

ふと、旅に出た【青春18切符でお城めぐり2】

www.esoragoto-time.net

前回からの続きです。

4.掛川城

掛川城。ここはNHK大河ドラマ功名が辻』で有名なったお城である。かくいう自分も功名が辻を見ていた一人であった。

功名が辻は、2006年に放送されていた大河ドラマである。仲間由紀恵さんが主演だった。この頃、僕は仲間由紀恵が大好きだった。もうメロメロだった。恋のダウンロードだった。2人パレードだった。僕の心はまるっとお見通しされている状態でした。

掛川城へ入場する。
入場券は510円。掛川城天守閣・御殿入場券と二の丸美術館の券を購入した。

石の階段を登ってお城へ向かう。
とその前に花広場があった。お花畑だ。お花畑には付き物のトラップがあった。ぶんぶんぶん。蜂が飛ぶ。何枚か撮って退散した。

f:id:uhouhomaru:20190417125437j:plain

f:id:uhouhomaru:20190417125442j:plain

花広場

改めて、石の階段を登る。何枚か写真を撮っている人がいた。僕もそれに倣うとしよう。

f:id:uhouhomaru:20190417125446j:plain

f:id:uhouhomaru:20190417125451j:plain

上手に撮れませんね。

最上段に近づくにつれ、なんだか湿った空気というか、肌に何かが付着しているような不快感がする。その正体は階段を登りきった場所にあった。それは霧吹きシャワーであった。

f:id:uhouhomaru:20190417125459j:plain

なんでこんなんあるんや...って思ったら左側に井戸があった。

f:id:uhouhomaru:20190417125505j:plain

井戸

立て札にはこの井戸の説明文が書いてある。どうやら井戸から立ち込めた霧が城を包み、城を守ったと言うことらしい。だから、霧吹きが設置してあるのね。

門に入って受付を済ませる。門には何故かジャージを着た中学生らしき子供がいた。ああ、もしかすると職場体験ってやつ?大変だなぁ。

ささっと最上階。そこにはおっちゃんがいた。

f:id:uhouhomaru:20190417125510j:plain

f:id:uhouhomaru:20190417125517j:plain

窓からの景色を眺めていると、その人が話しかけてきた。景色はどうですかと。いい眺めですねぇと答える僕。メガネ掛けてなかったから僅かながらボヤけていたけれど。

この掛川城の展望から、雲ひとつ無い晴れた日には富士山が見えるらしい。おじいさんが富士山が見える方向に指を差し向けたけれど、残念ながら本日は晴天というわけではなく、ところどころ雲があったため見れなかった。

5.掛川城御殿

f:id:uhouhomaru:20190417125522j:plain

f:id:uhouhomaru:20190417125528j:plain

次に訪れたのは掛川城御殿。ここにも入場する際にジャージを着た中学生がいた。職場体験お疲れ様です。

掛川城御殿を見学。縁側から見えるお城と松の木がとてもよかった。ここであぐらをかいてのんびり景色を見てました。畳の部屋も良かったし、和を感じることが出来ました。のんびり誰かと他愛もない話をしていたいです。

f:id:uhouhomaru:20190417125538j:plain

f:id:uhouhomaru:20190417125543j:plain

f:id:uhouhomaru:20190417125534j:plain

f:id:uhouhomaru:20190417125547j:plain

f:id:uhouhomaru:20190417125553j:plain

天守閣よりも御殿の方が良かったかな。
時間も気にせず夢中になってしまい、気づけばもう11時。1時間以上も掛川城をうろちょろしていた。

幸いにも駅までは10分も掛からないので行きよりも早めの速度で歩いた。駅に到着して数分待って電車がやってきた。

ベストタイミングっちゃぁベストタイミングだけれど、全てのお城を回れるかというと、やっぱり難しいだろうな。

そんなわけで掛川城制覇!つづく!