ふと、旅に出た

ブログの内容は、空の写真だったり稀に旅行記です。

ふと、旅に出た【青春18切符でお城めぐり1】

1.はじめに

2014年の9月9日に青春18きっぷを利用してお城めぐりをしました。
もう、おおよそ5年前になります。まだ20代前半ですね。自分で読んでいて思ったことは、体力があるなぁという印象です。今はだめだな。。。では、始まります。

2.計画

本日の日付は、9月9日。
前日が夜勤明けだった為、帰って家事をしていたらいつの間にか寝ていて起きたら午前2時だった。

さて、今日はどうしようかとお財布に入っている青春18切符を眺めてつぶやく。

夏季青春18切符の利用期限は9月10日までである(2014年夏季当時)
今日と明日しか効力がない。じゃぁいつ使うの?今でしょ!という林先生の偉大な言葉を旨に僕は実行することにした。

では、日帰りで行けるところはどこだろうと考えたとき、真っ先に思いついたのはお城である。最後のお城観光したのはいつだっけな..金沢城が最後かと思い返す。

www.esoragoto-time.net

日帰りでいうと、関西方面か、東海地方が限界である。お城サイトを巡った結果、今回計画を立てたのは4つのお城である。

まずは静岡県にある掛川城と、浜松城の2つ。そして岐阜県大垣城、墨俣一夜城の2つ。合計4つの城を制覇しようと考えた。

静岡へ先に行くことは決まった。最後に電車の時刻を調べた。今回は始発でないと全て回ることはできないだろう。
名古屋駅から掛川まで2時間とちょっと掛かる。掛川城観光を長くて1時間。
掛川から浜松まで30分。駅からバスに乗って浜松城へ向かう。滞在時間は1時間。
浜松から大垣まで2時間ちょっと。大垣城墨俣城大垣駅から行ける距離である。墨俣城はバスを利用しなければならないみたいだけど。

大垣城は行けるだろうけれど、墨俣城はちょっと難しいかもしれない。なんとか行けるかもしれないけど、大垣で時間を使ってでも食べてみたいものが一つあった。

大垣は、水の都と呼ばれており、名産物として水にちなんだ食べ物がある。それは、『水まんじゅう』と呼ばれる饅頭である。

これを食ってたらたぶん行けないだろうなぁと。まぁあくまで計画だし、実際はどうなるか分からない。 

3.掛川

気付けば時刻は午前5時を回ろうとしていた。

空は明るみつつあって、今日も残暑が厳しくなるだろうと予想される。身支度を済ませて最寄り駅へ移動し、電車に乗り込んだ。朝飯はコンビニで済ませた。

7時前に名古屋へ到着し便所を済ませて豊橋駅行きの快速電車に乗り込んだ。

あっという間に豊橋駅へ到着し掛川行きの電車へと乗り換えた。

f:id:uhouhomaru:20190414224927j:plain

掛川行き 8時20分発

平日だったので席には座れた。残念ながら仮眠は取れなかった。眠たくなってきた。2時から起きているせいか、もう疲れてきた。

というわけで、掛川駅に到着。

f:id:uhouhomaru:20190414224932j:plain

かけがわ

北出口へ移動する。出口をでると、眼下にはロータリーがあり木々がそこらに植えてあって雰囲気がいい。んでもって駅舎は木造でレトロな感じがする。まぁ、お城あるしな

f:id:uhouhomaru:20190414224946j:plain

景観を楽しみつつ、掛川城へと向かう。僕が歩いている道は城下町の通りである。残念ながらお店へ足を運ぶ時間はない。せっせと歩く。
日差しが意外と強めで暑かった。駅から10分もかからない程度の距離で掛川城が見えてきた。お城の手前に橋がある。緑橋と書いてある。

f:id:uhouhomaru:20190414224950j:plain

f:id:uhouhomaru:20190414224957j:plain

橋から眺める川は、可もなく不可もなくといったところ。

f:id:uhouhomaru:20190414225001j:plain
掛川城外門の手前でお城の写真を1枚。悪くない。

では、掛川城へ!続く。

www.esoragoto-time.net