ふと、旅に出た

ブログの内容は、空の写真だったり稀に旅行記です。

歌いたかった曲を歌えなかった小学生の僕らは。

今週のお題「卒業」

 

久しぶりの今週のお題です。ほんと、久しぶりのお題です。最近、歯磨きとか未来予想図とか、書きづらいやつばっかりだったからなぁ。

 

というわけで、卒業の思い出を一つ。

小学生の頃の卒業式の思い出です。

 

当時、森山直太朗さんの「さくら(独唱)」が大人気でした。

あまり歌を聞かなかった僕でさえも、知っていました(まぁ、フラッシュ倉庫で知ったんですけど)

それで、卒業式の歌はさくらを歌おうということになったんです。二クラスしかありませんので、それぞれの担任の先生も特に何も言うことなく、決まりました。

そして練習が始まりました。

学活の時間は歌の練習が多かったです。CDラジオで曲を流して歌っていた記憶があります。

そして、稀に音楽の先生が現れて練習をしたのですが...

音楽の先生が言いました。あなたたちは上手じゃないので、さくらは止めて別の曲にしましょう!と。

なんて曲名だったかは覚えがありませんが、歌詞の一部に「ずっと友達だよね いつかどこかで出会ったなら」うんたらかんたらって歌詞だった気がします。

ネットで検索してももちろん出てきません。確か、僕の記憶が正しければ音楽の先生が自分で作った曲だったはず。

そんな曲を、僕たちに強制したんです。

今でこそ、カラオケをよく行くようになって、歌は好きなのですが(音痴ですけど)当時の僕は歌が大嫌いだったので、正直どうでもよかったです。

でも、歌いたかった女の子は泣いていたような記憶があります。

かわいそうだったなぁ。

上手かどうかではなく、何を歌いたいかだと思うんですけど、やっぱりメンツがあるんでしょうか?それとも音楽の先生の自己満足でしょうか。

小学生の頃は、性格の悪い女の音楽の先生ばかりでしたので、嫌なイメージしかありませんでした。

中学はそうでもないけれど、、、

 

今思うことは、

 

好きに歌わせたれよって、ただそれだけです。