ふと、旅に出た

ブログの内容は、空の写真だったり稀に旅行記です。

【雪合戦】白い球から放たれる怒気

今週のお題「雪」

 

自分は東海地方ですぐに太平洋があります。

あまり雪が降らない場所に住んでいます。

小学生の頃の思い出です。
確か、小2~小4あたりだったと記憶しています。

珍しく、雪が降り積もりました。

グラウンドは白銀の世界になっていて、とても喜びました。

学校側も、休憩時間を多めにとっていた記憶があり、みんなが喜んでいました。大勢の友達で雪合戦をしました。

といっても、雪合戦をするための『壁』などはなく、単純に雪を丸めて投げ合っていただけですが。

僕が投げた球が、運悪く向かい側にいた子に当たってしまいました。当たるだけなら運は悪くありません。雪合戦ですから。当たった場所が顔面でした。

どうやら口元に当たったらしく、ブチ切れていました。ついでに唇も切れて血が出ていました。まぁ、雪合戦だから仕方ないやろ、って思ってた僕に対し、その子は雪玉を作って僕に向けて投げてきました。

僕は意外と、すばしっこいやつだったので当たりませんでした。それがさらに、その子の怒りを増幅させてしまったのか、雪玉を持ったまま走ってきて間近くで投げて当ててきました。

とんでもなく、怒っていたようです。ごめんごめんと謝ったんですが、怒りは収まらなかったようで何度も雪玉をぶつけてきました。

とうとう、僕も腹が立ってしまって雪玉をぶつけたら、再び顔面に直撃してしまったのです。火に油を注いでしまいました。でも、こちらも頭にきていることは確かでした。

 そしたらついに泣いてしまいました。子供の喧嘩なんて、泣いてしまったら終わりです。

悪かったな~と近づいていったら、その子は僕に殴りかかってきました。グーパンチを食らった記憶があります。おいおいまだやるのかよ!と思って僕も仕返しに殴ったような気がします。一発は一発です。

そしたら、こっちは血が出たんだぞぉ!!!と泣きじゃくりながら怒ってきました。謝ったじゃん!と思いつつ、言い返そうと思ったらチャイムが鳴りました。どうやら、長めの休憩時間も終わりの様子。

チャイムが鳴ったので急いで下駄箱に向かいました。その子は泣きじゃくっていましたが、放っておきました。クラスが違ったのでその後、どうなったか分かりません。

でも、怒られた記憶がないので、まぁ特に何事もなく終わったんでしょう。

 

 

雪のお題って何かあったかなぁ、と考えていたら、ふと出てきた思い出です。多少、実際の出来事とは異なっている部分があるかもしれませんが、雪玉を顔面に2回当てた記憶はあります。

 

あいつは元気にしているんだろうか...