ふと、旅に出た

ブログの内容は、空の写真だったり稀に旅行記です。

ふと、旅に出た【和歌山の旅 その3】

www.esoragoto-time.net

前回の続きです。

 天王寺駅

f:id:uhouhomaru:20190220184451j:plain

天王寺駅ってすごい名前だよな、だって天空の天と王様の王が合わさったお寺の駅だもの。さらにここには、四天王寺というお寺がある。四天王。してんのう。ポケモンでこの言葉を覚えたな。

 

この駅へくると、いつも思う。駅周辺はビルが立ち並び、高層マンションもある。

さらにいえば、超高層ビルあべのハルカスもある。

 

でもほんのちょっと歩けば、飛田新地もあればあいりん地区もある。

天と地の差が激しく、異質な場所だ。だから、とても面白い。

  

さて、これから食事タイムなわけだけれども、それにしたってまだ時間はある。

 

あべのハルカスにでも行ってみるかということになったけれど、

どうせ飲食店も高いだろうし、美術館なんて興味ないし、では展望台は?

 

こんな天気だし、景色を見ても曇っててよくわからないだろう。それに、展望台っけっこうお金がかかる。あべのハルカスの入口からそそくさと退散した。そのまま、真逆の方向へ進んでいくことにした。

どこかに手頃な飲食店はないものだろうかと視線を斜め上へ向ける。あ~空は曇ってんなぁ晴れないかなぁ。とかなんとか考えていると、ん!?と思うようなお店があった。

 

その名は『新宿ごちそうビル


なんともまぁ、ここは大阪なのにアウェイな店名だ。

f:id:uhouhomaru:20190220184514j:plain
だがしかし、なんだこれは!?と道行く人に興味を持ってもらるので、商売としてはアリなのかな、と思った次第でございまして、僕たちはそれにまんまと引っかかったわけです。

ビルの中に入り、案内図を確認する。約20店舗のお店があった。9Fまである。

f:id:uhouhomaru:20190220184509j:plain
お好み焼き、オムライス、居酒屋、カフェ、焼肉など様々な飲食店があった。悪くなさそう。
そんな中、9Fにラピュタという店名が気になった。

今回の旅で行く予定の友ヶ島は、ラピュタの世界によく似た場所がいくつもある。

そういった理由から、友ヶ島を選んだこともあって、今回ラピュタという単語には敏感である。

ラピュタへいこう!ということになった。

近くにエレベーターがあったので乗り込み、9Fと書かれたボタンを押そうとするが、エレベーターの中にも店舗の情報があり、ラピュタの営業時間は夕方4時からだった。

う~ん、残念。

悩んだ末、今回は『餃子工房ちびすけ』というお店に決めた。

お店に入り、テーブル席へ座る。

営業時間は11時からだった為、人はあまりいなかった。ラッキー。

 

メニュー表を確認して料理を見てみる。気になるのは料金だが……。

これはびっくり。様々な種類の定食が600円前後で食べられる!

僕はチキン南蛮定食。Mは唐揚げ定食だった。

 

2人で食べる用に、餃子を注文した。当店自慢の焼き餃子も。ちび餃子焼きという。390円。ちょっと高い。

f:id:uhouhomaru:20190220184503j:plain
10分前後待って、餃子がやってきた。本当にちっさかった。餃子が10個あるけれど、これに390円はちょっと勿体無かった気がする。味は普通だった。

今後の予定について再度確認していると、またまた料理が運ばれてきた。

ボリューム満点の定食でした。これで600円前後はかなりお得なのではないだろうかと思った。

f:id:uhouhomaru:20190220184459j:plain
しばらく食事に集中する。美味いもんを食べると会話はなくなるもんだ。とても美味かった。非常に満足でした。近所にあったらひいきのお店になっていたと思う。

そろそろ良い時間になってきたのでお会計を済ましてお店を出た。ごちそうさまでした!

 

天王寺駅へ戻る間に、もう一度、三段壁・友ヶ島へ連絡してみた。三段壁は終日やっているそうだが、友ヶ島は便が欠航しているらしい。こりゃ明日も無理だなと諦めるしかなかった。

気を取り直して、天王寺駅まで戻ってきた。

改札口付近の天井に設置してあるボードを確認する。

f:id:uhouhomaru:20190220184455j:plain
今から乗るのは、くろしお11号 12時17分発 白浜行である。

和歌山までもう少し!きのくに線へGo!