絵空事たいむ

ブログの内容は、空の写真だったり稀に旅行記です。

散髪のために、頑張った。

www.esoragoto-time.net

昨日は眠かった。

とりあえず、記事の毎日更新を続けようと思って、たった3行の記事を投稿した。ほとんど、誰もみていないけれど。。。

 

 

眠かった理由は、夜勤明けであまり寝ていなかったから。

長時間勤務をこなしたあと、若干の残業をしつつ、家に帰った。午前11時くらい。

 

そのあと、湯船につかって1時間程度、意識が飛んだ。お風呂から出て支度をした。今日は実家に帰るからである。ただの、散髪で。

 

僕は一人暮らしをしている。散髪をするために実家へ帰ることがほとんどだ。

中学生の頃からお世話になっている床屋さんがあり、今でもずっと通っている。母親の同級生がやっていた床屋で、今は代替わりして娘さんが切り盛りしている。

 

わざわざ実家じゃなくても、と思う人はいるかもしれないが、ぼくは嫌なのだ。

 

・見知らぬ人に髪の毛を触られたくない

・自分がコミュ障である

・今更新しいお店に行きたくない

・ほかのお店は緊張する、リラックスできない

 

という理由がある。だから、実家へ帰って散髪するのだ。実家に帰る口実、というのもある。実家が大好き!というわけではないけれど、用がなければわざわざ実家に帰ったりは僕はしない。嫌なんじゃなくて、めんどうくさいから。金かかるし。

 

話は戻る。

支度を済ませて名古屋へ向かう。特急で1時間もかからない。名鉄は指定席以外、特急料金いらないからいいよな~、近鉄とは大違い。

 

もちろん、寝た。一瞬で名古屋に着いた。

 

乗り換えまで10分もないので、すごく慌てた。

 

なんとか、松阪行きに乗れたが座れなかった。15時の電車なのになんでこんな人多いんだよ!!!

 

四日市くらいまでは立ちっぱなしだった。まぁでも、そのあとは席に座れてよかった。

 

もちろん、寝た。

 

松阪に着いてから乗り換え。

実家までの最寄り駅までまだまだあるけれど、次は寝なかった。

 

夕方、家に到着してすぐ床屋にいった。

 

数年前から娘さんが髪を切ってくれている。この人が結婚したらどうなるんやろ。できればお店を閉めずに経営してほしいと心の中で願う。

 

娘さんは非常に騒がしい人なので、寝れない。危ないから寝ないほうがいいかもしれないけど、できれば寝たかった。

 

家に帰って飯を食べて風呂に入って、なんやかんやしていると21時半。

 

ソファで意識が飛びそうになって、親にもう寝なさいと言われた。

 

そのとき、自分は子供に戻ったみたいだなぁという気持ちになった。悲しくはないのだけれど、なんだか目頭が熱くなった。

 

親にしてみれば、ぼくはいつだって子供のままなのかもしれない。結婚は遠いわ。

 

そして、ベッドに入って気づいた。

 

あ、ブログ書いてない。継続日数が消えると。。。

 

あのときは本当に眠気との戦いでした。1行書いては一瞬意識が飛んで、気づいて、書かないと!って思って、それの繰り返し。

 

頑張った結果が3行でした。

 

 

ひどいもんだ。