絵空事たいむ

ブログの内容は、空の写真だったり稀に旅行記です。

【小和田駅】秘境駅の旅2014  その1

0.はじめに

2014年9月21日の日帰り旅行の旅です。

この旅は、僕ともう一人、友人Mの二人旅です。

 

1.ご利用は計画的に

本日の日付は9月21日。
天候は晴れ。旅には持ってこいのお日柄である。

今回は初めての秘境駅へ行くことになった。

 

何故行くことになったのかは、およそ1ヶ月ほど前に遡る。

僕とMは、旅に出かけていた。電車の中で、次の旅行の話をしていた。

僕とMは少しだけ離れた場所に住んでおり、仕事の休みもまばらのため、長期の旅行へ行くことは困難であった。

 

金銭的な都合もあるし、そんなにお金がかからなくて、旅らしくて、景色がいいところとか無いかな~っと話していて、候補としてあがったのが秘境駅

 

どうやらMは前々から秘境駅に興味を持っているらしかった。LINEでもちょくちょくそういった話をしていたし、けっこう本気らしかった。

 

その時は、秘境駅か~というレベルの感想を抱いた僕だったけれど、家に帰ってから調べてみると、景色もいいところはあるし、なんだか冒険しているみたいでいいな、と感じ始めていた(秘境駅に行こう!というwebページを見ました)

 

hp1.cyberstation.ne.jp

 

しばらくして、Mが秘境駅へ行くということをLINEで伝えにきた。ちょうどその日は僕もお休みだったし、Mが計画を立てていたので僕はそれに乗っかることになった。

 

金銭的には大丈夫なの!?と不安に思ったが、今回のMは違った(いつもは適当な人である。僕もだけど)

僕の疑問をすぐ解消してくれた。なんとJRには青春18切符以外にもお得な切符が存在していたのだった。

 

2.その名は『青空フリーパス

名古屋・飯田地区限定の切符で、2570円で普通・快速が1日乗り放題であった(今はしらない)

 

とまぁ、青春18切符の下位互換と考えもいい。

時刻等もきちんと調べており、申し分はなかった。


肝心の秘境駅はというと……

今回は小和田駅へ行くことに決まった。

 

上記リンク先のランキングでは3位に位置する秘境駅である。

いきなりランキング上位へ行く僕たちである。というか、一番ちょうどいい場所だったっていうのが理由である。

 

3.ようやく始まる

さて、当日。名古屋駅金時計前に集合。

事前に青空フリーパスは購入してもらった。

 

計画している時刻だと、僕が購入している暇はなかったのだ。

 

Mと合流し、駅員に切符を見せて改札を通る。残り時間は5分ちょっとある。意外と余裕があった。

 

だがしかし、すんなり行かないのが僕とMである。

2人とも、何番乗り場に乗ればよいか見ていなかった。

 

僕は今回は全てM任せだったので何も考えずに改札の中へと入っていたのだ。

 

しかも、

いつもなら中央口を利用するのだが、今回は桜通口を通過していた。

 

あれ、何番乗り場だっけ?とMに伝えたが、Mは分からないという。

僕もいつもとは違った構図の通路と、時間も残りわずかだったので焦ってしまった。

 

結論として、1番乗り場に乗ればいいはずなのだが、僕たちは1番、2番乗り場の電車が書いてある天吊りボードを見落として、3番~8番までのボードをみて、あれでもない、これでもない、と喚いていた。

 

残り時間が2分となった。秘境駅の電車は何時間おきに1回程度のため、ひとつの電車をずらすだけで致命的になる。もはや絶望かと思われたが、ここで駅員さんが登場。

 

駅員さんに、現状を伝える

駅員さんはすぐに分厚い時刻表のようなものを取り出して調べてくれた。

駅員は1番乗り場であることを僕たちに伝えてくれた。

 

お礼を言ってその場から1番乗り場へと走って向かった。無事、電車に乗ることが出来た。

 

いつもいつも、旅の始まりはこうだ。無事に出発できた試しがない。

 

続きはこちら↓

www.esoragoto-time.net