ふと、旅に出た

ブログの内容は、空の写真だったり稀に旅行記です。

関東旅行三日目 めも

日付が変わって18日。まだ眠れずにいた

餃子も食えなかったし、なんかもったいないと思った

ほんとなんかもったいねぇと思った。

大人の遊びを深夜行いました

そして朝。

大谷資料館は9時に開館するので、9時前に到着するバスに予定だったが、大人の遊びのせいで起きれなかった。疲れたしな

そのため一本遅いバスに乗ることになった。一本遅いからのんひりやってたら時間がなくなって走ってバス乗り場へ行きました。

昨日の夜の内にバス停を調べておいて正解でした。たとえ駅からすごく近い場所にあったとしても、慌てている場合、気づかない場合もあるし、いい判断だった。

大谷資料館は広かった。土日ということもあって大量に人がいた。げんなりするほどに。

その後、帰りのバスまでに時間があったので平和観音をみた

そのあとバスで駅まで戻ろうとしましたが、餃子食わないと!と思って正嗣というお店へ。どこのバス停だったかはまた改めて。

正嗣は1時間半くらい待ちました
大変でしたトイレ行きたくて。

餃子は美味しかった。感想もまた今度。

時間に余裕がなくなったので越後湯沢に向かいます。

高崎までは在来線
そこからは新幹線!仕方ない。

そして待ちに待ったぽんしゅ館!

いろんな日本酒が呑めてよかったです。

若干酔いつつ、宿に向かいました。なんと、小説家の川端康成さんの作品である雪国の宿に泊まります。

歩きでいったので酔いました。20分歩いたしな。

和室はいいねえー

そのあと、20時から雪国が上映されるらしかったので見に行きました。腹がいたくて少し遅れたけれど。

初めて白黒映画をまじまじと見ました。雪国の感想は、まず八千草薫が可愛かったこと。最後は悲しいし重たいし、島村ェ…って感じでした


温泉もよかったです。お肌もつるつるになりました。自分だけしかいなかったので一人で歌ってました

うーんと思ったのは、男性だけ露天風呂がないこと、サウナ全然熱くない。

というわけで、部屋に戻ってこの日は終わりです。